EDと精力剤使用での治療:飲酒とEDについて

EDと精力剤使用での治療:飲酒とEDについて

飲酒とEDの関係ですが飲み過ぎると勃起がしづらくなると言われています。

 

お酒は身体に良いという理由から飲まれている方もいますが、飲み過ぎてしまうと血圧上昇したり、動脈硬化を促進したりとEDや健康にも多大な影響を与えてしまいます。
それ以外にもアルコールを摂取すると中枢神経系が抑制されてしまい、そこから指令を出す勃起中枢も麻痺状態になってしまいますから単純に勃起の妨げとなります。
単純に血圧が上昇して血流のコントロールが乱れるだけではなく、アルコールによって神経が影響してしまうのでリラックスできるから逆に良いと思いがちですが飲み過ぎはいけません。

 

また飲酒による大きな影響は肝機能障害によるダメージです。
EDとどう関係しているのかと言いますと肝機能障害になってしまいますとバイアグラやレビトラといった精力剤が使用できなくなってしまいます。
一部の精力剤は肝臓で代謝される事によって効果を発揮しますから肝機能が低下してしまう事によって精力剤の効果がでなくなってしまいます。

 

お酒を飲むと早漏防止に良い、リラックスして緊張しなくて良いという事もありますが、飲み過ぎると血圧上昇や中枢神経系の抑制や肝機能低下によって精力剤の効果が意味がないほどの状態になってしまう事もありますので注意して飲酒してください。
勃起させたい精力剤ランキング